コールセンターと技能

販売ということを考えると、質問もクレームもなく、手離れがいい商品が一番です。しかし、世の中そううまくは行きません。何か不備があった時のために、顧客との連絡チャンネルを作っておかなければいけないでしょう。特に操作が難しいものや専門性の高いものに関しては、コールセンターのように窓口になる機能を持たせることも重要です。顧客との橋渡しの機能を持っており、コールセンター次第で売り上げが変化してくることもあります。何もクレームの窓口ではないのです。

コールセンターでは、顧客に対して正確な情報を返すことが一番の仕事になるでしょう。クレームであれば、どうしたら対応できるのか、顧客満足度を高めることができるのか、一番のカギを握っている部署でもあるのです。そのため、専門的な知識だけではなく、対応力も求められる部署であるといえるでしょう。

コールセンターは会社の看板でもあり、方針を映す鏡であるともいえます。どういった考えを持っているかによって、対応に大きな違いが出てくるからです。それだけに、多くの技術が身につく仕事でもあるといえるでしょう。

もちろん、仕事場は訓練の場ではありません。コールセンターの業務につきたいと思っている場合には、考えられる技能があることが重視されます。そういった面でも、どんな技能が身につき、鍛え上げられるのかを考えていくことはプラスになるでしょう。様々な面から身につく技能を掲載してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

~PICK UP~
クレーム処理だけでなくアウトバウンド営業などのコールセンターサービスを行っているテレネットのサイトです > > コールセンターサービス

Copyright © 2014 コールセンターで身に付く技術 All Rights Reserved.